語彙習得ドリルの出来るまで③ 学習語とは

低学力の子供たちに、勉強に必要な言葉を覚えてもらうための語彙習得ドリル「ワードクライシス」について、何回かに分けて、制作の背景をご紹介していきます。私の思い・考えを発信することで、分かり合える仲間を増やせたら、と思っています。

「学習語」とは

言葉は、一般語、学習語、専門語の3種類に分けられます。

一般語:日常会話で使う言葉。 例 学校、起きる

学習語:複数の教科の学習で使う言葉。 例 比較、分析

専門語:特定の教科でだけ使う言葉。 例 光合成(理科)、律令政治(社会)

「学習言語とは何か」 バトラー後藤裕子 著

一般語は、日常会話の中に頻繁に登場するので、比較的容易に身につく言葉です。専門語は、学校の授業で教わります。しかし、学習語は、日常生活では身につけにくい言葉です。その上、学校でそれらの言葉自体を教わることは、ほぼありません。

高学力の子供はどこで学習語を身に着けるのか

高学力の子と低学力の子

学習語は、日常生活では身につけにくい言葉です。しかし、高学力の子供たちは次のような方法で学習語を習得しています。

・豊富な読書

・親子での知的な会話

・塾

低学力の子供は置いてけぼり

一方、低学力の子供は、上記の様な環境は与えられないので学習語が身につきません。だから、授業の内容を理解することが困難です。その上、学校には学習語を教えるカリキュラムが存在しないのです。

続きは、別の記事で書きますね。

——————————————————————————————–

読んでくれてありがとうございます。同じ思いをお持ちの方、お気軽にご連絡ください。一緒に何ができるか考えましょう!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村