語彙習得ドリルの出来るまで② 語彙力向上で読解力向上

低学力の子供たちに、勉強に必要な言葉を覚えてもらうための語彙習得ドリル「ワードクライシス」について、何回かに分けて、制作の背景をご紹介していきます。私の思い・考えを発信することで、分かり合える仲間を増やせたら、と思っています。

語彙を増やせば、読解力が上がる

知らない言葉が多いと、文章を読んだときに内容がよく分からない。そんなの、当たり前ですね。では、知らない言葉が文章中にどれ位でてくると、分からなくなるのでしょう?

実は、100語中たったの5つ知らない言葉があるだけで、文章が分からなくなってしまいます。低学力の子供は、学校の授業で初めての文章を読むときに、知らない単語が1ページに何個もでてきます。語彙力がなければ、文章の内容は理解できないのです。

でも、逆を言えば、言葉を多く知れば、授業について行けるようになり、学力が上がるということです。

じゃあ、どうやって低学力の子供に言葉を教えればよいのだろうか?

色々と調べる中でこの本に出合いました。

学習言語とは何か―教科学習に必要な言語能力」バトラー後藤 裕子

これは、どんな言葉を教えれば学力が上がるのかについて書かれた本です。続きは次回の記事で説明しますね。

——————————————————————————————–

読んでくれてありがとうございます。同じ思いをお持ちの方、お気軽にご連絡ください。一緒に何ができるか考えましょう!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村